神戸高専 Robocon History '89-92

第2回 '89 「オクトパス・フットボール」
舞子号(マイコゴウ) 本戦出場、1回戦
 今も生産加工室の「ロボ棚」に眠り続ける神戸高専1号機。 車体全体がパンタグラフになっていて、 その上下動作だけでボールをつかむ、持ち上るの両方の動作を行いシュートします。 タイヤは3輪で、前輪1つによる1輪駆動、1輪操舵のステアリング式です。

 パソコンを用いての機構シミュレーションもしていたようです。 また、実は神戸高専伝統の「木製」も、既にこの時から始まっていました。 マシン名「舞子」は、当時神戸高専校舎があった町の名前からきています。

第3回 '90 「ニュートロンスター」
摩耶大橋(マヤオオハシ) 本戦出場、1回戦
 吊り橋のようにアームがマシンが前後に展開し、 先端のハンドでバスケットボールを持ち上げリング内に入れます。その全長は8mで1回戦最大。(予選にはもっと大きなマシンがあった?) もう片方のアームはバランスを取るためのウェイトです。

第4回 '91 「ホットタワー」
問塔無用(モンドウムヨウ) 地区大会:2回戦
 写真のようにアーム(というよりハンド)を広げて箱をまとめて取り込み、台の上に置きます。 特徴は上下左右縦横の全方向に自由に動くハンド部(下の写真のカラフルな部分)。 3方向に走るレール上を動いて全方向に稼動し、
まとめて取った箱を積んでいきます。

 こちらも未だに生産加工室の「ロボ棚」に眠り続けていますが、 少々劣化激しく…。それもそのはず。 大会の試合中に崩壊していたのです(爆)

土木403(ドボクヨンマルサン) 地区大会:2回戦
 その名の通り土木工学科(現都市システム工学科)が製作したマシンです。 近畿大会唯一の木製マシンで、カラフルにカラーリングしてありました(写真右側)。 見たまんま、クレーンの動きをします。 箱のつかみ方は、箱の自重を利用したもの。 おそらく近畿大会中では最も高く積むことが出来たマシン(全長3[m])ですが、 なんせクレーンの1個づかみなので駆け引きで勝負。

 その勝負の駆け引きで1回戦を突破するも、 2回戦ではアームがワイヤー吊しというクレーンの弱点が表面化。 箱の置きあいに競り負けて敗退してしまいました。

第5回 '92 「ミステリーサークル」
名ストライカー(ジン) 地区大会:1回戦
 振り子のような長いアームの先端のショベルでバレーボールを1個すくい上げ、
リングまでアームを持ち上げボールを落とします。
それも1バウンドで入れるという、アーム方と打ち出し方の中間のようなマシン。

 確実ではあるものの、さすがに効率が悪く…。
右の写真がアームを上げるアクチュエータの部分です。

命がけのスローインロボ 地区大会:1回戦
 その名の通り、マシンごと倒れ込んでボールをスローインするマシン。
分度器のような形をしています。

 スローインのアクチュエータには電気ドリルを使用していますが、
パワーが不足気味で、倒れ込んでスローインが出来るのはおそらく1回だけ。(写真右)
しかも狙うのは1点ゾーンのみという、まさに命がけの一発屋。
珍しく、応用化学科のみのチームが作ったマシンでした。

戻る